せどらー対策の家電量販店が急増中!?その攻略方法とは?

phot_iwata_00

いつもお世話になっております。

株式会社マルチノックスの高原直人です。

今回は高原式どこでもせどりスクール講師の、
井手さんより寄稿を頂きました。

こんにちは、高原塾2期生の元ブラック会社員
中国輸入とせどりで月商400万セラーの井手と申します。

年末商戦に向けて、
仕入でめっちゃ忙しい時期かと思います。

自分も昨晩、中国輸入の方の商材を
110種750個発注した所です。

粗利60〜75%の商品をざ〜っと分析し、
3か月分の仕入れリストから
4時間半で仕入数量をまとめた所です。

輸入の場合、仕入納期もあるので、今の時期の発注は
結構ぎりぎりなんですが、色々と手が回っていないので
遅めの対応になってしましました(汗)

全ては、2015年の年末に最高に良いゴールするための
準備ですから、物販業は、今の時期は勝負ですね。

そんな僕ですが、この中国輸入だけでなく
せどりもやっています。

せどりの場合は、クレジットカードを活用すれば
潤沢に仕入資金を増大させ、売上も伸ばせますからね。

だから僕は、中国輸入もせどりもやっているというわけです。
中国輸入は、どうしても現金取引が中心になりますから。

で、前置きが長くなっちゃいましたが・・・

最近、せどらー対策をする家電量販店が増えてきました。
近所のケーズデンキだったり、ノジマ電気だったり。

大量買いは、NGという方針を打ち出すお店が増えてきました。
これは、ちょっと困りますね。

でも、僕が思うのですが、せどらーはお断りと言う一方で
良く考えれば、店舗価格で売れない不良在庫を、買ってあげて
ネットで店舗に代わって売ってあげている。

それがせどらーの一役でもあると思うのです。

と考えれば、せどらー対策をする家電量販店というのは
限界があるし、逆にそのお店の首を絞める事になることが気づきます。

現にせどらー対策と打ち出している店舗でも
1個の商品を1度に大量買いするような、仕入の仕方をしなければ
いくらでもやりようがあります。

例えば・・・

店頭展示品の処分売りだけを狙う。

この店頭展示品って本当に展示品しかないと思いますか?
実は、新品在庫も結構あるんですよ。

展示品処分価格といいつつ、実は店舗の倉庫や他店舗に
新品在庫が眠っている場合は、結構あります。

なので、別に展示品を仕入れて、中古で売る必要もないです。

また、どうしても、何個も欲しい商品があったら。
忍者ハットリ君の分身の術を使えば良いですw

具体的に、どうやるかと言うと
そのお店にレジはいくつかありますか?

またレジ担当者は何人いますか?
レジ担当者のシフトを意識していますか?

この技をさらに別店舗でも同じように行うと
どうなるでしょうか?

これら全てを巧く逆手に取れば
1人1個しか買えない商品を10個・20個仕入れる事は
可能になります。

足を使いましょう。
知恵を使いましょう。

また別に、せどらー対策の家電量販店は行くの辞めて
そんな対策をしていない家電量販店に行けば良いじゃないかと
思ったりもします。

だって、最初に言ったように
そういう店舗は、せどらーが来なくなるので
不良在庫が売れにくい。

つまり店舗全体の商品回転率は下がるわけで
総合的に、しょっぱいお店になることは間違いないわけですから。

今や織り込みチラシよりも、Amazonの販売価格が安い時代に
せどらー対策なんて、やっても、あまり意味ないと思うのですけどね。

大体混んでいるお店は、せどらー対策なんかしていなくて
とにかくお客さんが多いし、店舗の商品全体の値付けも安いお店が
多いと思うのですよね。

だから、せどらー対策の家電量販店が最近、増えているようですが
僕は全く気になりません。

むしろ、せどらー対策している店舗でも、取れる商品って
視点を変えれば結構あるんで、逆にノーマークだぜ。
と思ったりしますけどね。

というわけで、せどらー対策の家電量販店をいかに攻略するかでした。

以上、元ブラック会社社員 井手剛でした。

コメントを残す